6月から7月の海

ルビーナダイバーズ

       
image

伊豆海洋公園 ダイビングスクール

ルビーナダイバーズ

〒413-0231
静岡県伊東市富戸829-1

TEL:0557-51-7777
FAX:0557-51-1327

伊豆海洋公園ルビーナダイバーズでは伊豆のダイビングを中心におすすめなダイビングツアーや伊豆の格安ダイビングライセンス、伊豆での体験ダイビング、伊豆海洋公園でのナイトロックス等スクールを行っています。当店では伊豆海洋情報の更新、伊豆のダイビング情報、ポイント情報を毎日発信しています。オープンウォーターダイバーコースのダイビングスクールやダイビングライセンスは比較的規制がなく自由なCMASスターズをメインに行っています。また当店はPADIジャパンのダイブセンターにもなっていますのでPADI推奨店でもあります。2001年度にはPADIから継続教育優秀賞も頂いております。このため各種スペシャリティーコースも充実しております。お店は夫婦経営ゆえ小規模で営業しています。メンバーの方や講習の方が宿泊できるように建物の2階は素泊まりできるようになっています。富戸の海までは徒歩3分の位置にありますので、早朝起きて散歩に気軽に行くこともできます。リクエストがあるときや宿泊の方が4人以上いる時、お店の前に置いてあるオリジナル炭焼きバーベキューを使って、富戸の定置網で水揚げされた食材をメインにバーベキューで楽しんだりもしています。獲れたて新鮮お魚はバーベキューでもおいしいですよ。また当店のスタッフはNPO法人アンダーウォータースキルアップアカデミーにも所属していて普段から官民合同訓練を定期的に行っています。水難事故発生時の救助支援や被災地復興支援、ダイビング技術向上のためのセミナー及び訓練の開催、水辺の環境保全を行っています。オーナーの小林は、毎年、習志野国際プールで行われる全日本フリッパー選手権にも参加しており普段からトレーニングに励んでいます。最近新型コロナウィルス対策として当店ではお客様が口に食われるレンタル器材のアルコール消毒も行っております。

伊豆の海

6月から7月の海

2012/01/11

6_7sea.jpg
この時期の水温は17-21℃ぐらいです。屋外が寒く感じるときや雨が降っている時はドライスーツの方が快適なときもあります。
でも伊豆海洋公園には暖かいジャグジーバスもあるので、ウェットスーツ姿の方のほうが多く見かけます。
毎年この時期になるとアオリイカの産卵が見られるようになります。アオリイカの観察は富戸がメインになります。富戸の方が水深が浅い為、生態観察をじっくり行うことが出来ます。
卵を産みやすいように産卵床も設置して有ります。多いときには40パイ以上の群れを見ることも出来ます。オスは結構大きくて80センチくらいのものもいます。産卵のとき最初、偵察のオスが安全確認に来ます。このときに追いかけたり、近づきすぎたりするとなかなか産卵しに来てくれません。じっと待っていると、どこからともなくアオリイカのカップルが産卵しに来ます。メスが産卵している間オスは直ぐ上でメスを守っています。皆、自分の子孫を残す為、必死になって産卵行動を行います。産卵中に単独のオスが間に割って入りオス同士の争いになったり、産卵しに近づいたアオリイカを食べようとウツボやキタマクラが狙いにきたり、とにかく実際に見ているとダイビングをしているのを忘れてしまうくらい夢中になってしまいます。
見れる生物達
ダンゴウオ、アオリイカ、スジコウイカ、ボウズコウイカ、カスザメ、サカタザメ、ネコザメ、クマノミ、コブダイ、キンチャクダイ(yg)、ヒラタエイ、アカエイ、ハナタツ、ハナアナゴ、キビナゴの群れ、マアジ(yg)の群れ、アオヤガラ(yg)、タツノイトコ、クエ、テングダイ(yg)、ヤマドリ、コブヌメリ、ヒメギンポ、フタホシキツネベラ(yg)、ベニカエルアンコウ、キシマハナダイ(yg)、イトヒキハナダイ、サクラダイ、スジハナダイ、イットウダイ、キヌバリ(yg)、チャガラ(yg)、スケロクウミタケハゼ(yg)、ミジンベニハゼ、ベンケイハゼ、サビハゼ、トビヌメリ、テンクロスジギンポ(yg)、メガネウオ、キビレミシマ、ヘビギンポ、テンス、コブダイ(yg)、などなど。