エツキイワノカワ

ルビーナダイバーズ

       
image

伊豆海洋公園 ダイビングスクール

ルビーナダイバーズ

〒413-0231
静岡県伊東市富戸829-1

TEL:0557-51-7777
FAX:0557-51-1327

伊豆海洋公園ルビーナダイバーズでは伊豆のダイビングを中心におすすめなダイビングツアーや伊豆の格安ダイビングライセンス、伊豆での体験ダイビング、伊豆海洋公園でのナイトロックス等スクールを行っています。当店では伊豆海洋情報の更新、伊豆のダイビング情報、ポイント情報を毎日発信しています。オープンウォーターダイバーコースのダイビングスクールやダイビングライセンスは比較的規制がなく自由なCMASスターズをメインに行っています。また当店はPADIジャパンのダイブセンターにもなっていますのでPADI推奨店でもあります。2001年度にはPADIから継続教育優秀賞も頂いております。このため各種スペシャリティーコースも充実しております。お店は夫婦経営ゆえ小規模で営業しています。メンバーの方や講習の方が宿泊できるように建物の2階は素泊まりできるようになっています。富戸の海までは徒歩3分の位置にありますので、早朝起きて散歩に気軽に行くこともできます。リクエストがあるときや宿泊の方が4人以上いる時、お店の前に置いてあるオリジナル炭焼きバーベキューを使って、富戸の定置網で水揚げされた食材をメインにバーベキューで楽しんだりもしています。獲れたて新鮮お魚はバーベキューでもおいしいですよ。また当店のスタッフはNPO法人アンダーウォータースキルアップアカデミーにも所属していて普段から官民合同訓練を定期的に行っています。水難事故発生時の救助支援や被災地復興支援、ダイビング技術向上のためのセミナー及び訓練の開催、水辺の環境保全を行っています。オーナーの小林は、毎年、習志野国際プールで行われる全日本フリッパー選手権にも参加しており普段からトレーニングに励んでいます。最近新型コロナウィルス対策として当店ではお客様が口に食われるレンタル器材のアルコール消毒も行っております。

伊豆のお魚達

エツキイワノカワ

2011/08/11

伊豆のダイビングで見られる海藻
撮影地:伊豆海洋公園 水深:7メートル 撮影ポイント:伊豆海洋公園 1の根
撮影日:2010年1月10日
この海藻は日本各地に分布します。生育場所は潮下帯で大きさは直径3ー5センチくらいです。伊豆海洋公園では1の根絵周辺に、富戸のダイビングでは2の根周辺でよく見ることが出来ます。イワノカワ属は人名にちなんでいます。日本には7種類が知られています。本種は浅場や深場の日陰特に岩陰に這えています。その風貌はよく山の中で見かける菌類のサルノコシカケにそっくりです。大きさは全然小さいですが。水中で重なって生活しています。表面は暗紅色ですが、裏面は石灰を沈着するためなのか、ほとんど白色です。短い柄があるのでこの名前がついたそうです。からだは薄いので、乾くと表側に反り返ります。毎年春先になると、この海藻の表面にダンゴウオの生まれて少し時間がたった個体が表の表面にくっつきます。ダンゴウオは伊豆海洋公園のダイビングや富戸のダイビング、八幡野のダイビング、川奈のダイビング、赤沢のダイビングでも人気の魚ですが、近年数がめっきり減ってしまいました。ダンゴウオがこのエツキイワノカワにくっつくとカメラを持ったダイバーが増え始め、中には海藻をちぎるなどとんでもないことをする人たちがいます。このためダンゴウオの周りの岩肌は白っぽくなり他の魚にも認知されてしまいます。それゆえ襲われやすくなり、あるいは居心地が悪くなり移動するときに捕食されてしまったりしています。伊豆海洋公園の安定しない壁で撮影するとき中性浮力がうまく取れない人たちは本人は気がつかなくともレンズが海藻本体に接触して切り離され同じような現象が起きてしまっています。くれぐれもそこに生活する生物を侵害するような行為はやめてもらいたいものです。