ネコザメ

ルビーナダイバーズ

       
image

伊豆海洋公園 ダイビングスクール

ルビーナダイバーズ

〒413-0231
静岡県伊東市富戸829-1

TEL:0557-51-7777
FAX:0557-51-1327

伊豆海洋公園ルビーナダイバーズでは伊豆のダイビングを中心におすすめなダイビングツアーや伊豆の格安ダイビングライセンス、伊豆での体験ダイビング、伊豆海洋公園でのナイトロックス等スクールを行っています。当店では伊豆海洋情報の更新、伊豆のダイビング情報、ポイント情報を毎日発信しています。オープンウォーターダイバーコースのダイビングスクールやダイビングライセンスは比較的規制がなく自由なCMASスターズをメインに行っています。また当店はPADIジャパンのダイブセンターにもなっていますのでPADI推奨店でもあります。2001年度にはPADIから継続教育優秀賞も頂いております。このため各種スペシャリティーコースも充実しております。お店は夫婦経営ゆえ小規模で営業しています。メンバーの方や講習の方が宿泊できるように建物の2階は素泊まりできるようになっています。富戸の海までは徒歩3分の位置にありますので、早朝起きて散歩に気軽に行くこともできます。リクエストがあるときや宿泊の方が4人以上いる時、お店の前に置いてあるオリジナル炭焼きバーベキューを使って、富戸の定置網で水揚げされた食材をメインにバーベキューで楽しんだりもしています。獲れたて新鮮お魚はバーベキューでもおいしいですよ。また当店のスタッフはNPO法人アンダーウォータースキルアップアカデミーにも所属していて普段から官民合同訓練を定期的に行っています。水難事故発生時の救助支援や被災地復興支援、ダイビング技術向上のためのセミナー及び訓練の開催、水辺の環境保全を行っています。オーナーの小林は、毎年、習志野国際プールで行われる全日本フリッパー選手権にも参加しており普段からトレーニングに励んでいます。最近新型コロナウィルス対策として当店ではお客様が口に食われるレンタル器材のアルコール消毒も行っております。

伊豆のお魚達

ネコザメ

2011/08/18

撮影地 伊豆海洋公園
水深:8m
伊豆のダイビングで見られる生物!
伊豆海洋公園では全ポイントで見ることが出来ます。
日中は水深40m付近に集まっている事が多く、ブリマチなどで1回のダイビングで数個体見られることもあります。
幼魚は特に春先伊豆海洋公園の浅いゴロタなどに現れます。
ネコザメ目ネコザメ科に属するサメの一種で性格はおとなしいです。
底生性で海藻類の群生地帯に住み、硬い殻を持つサザエやウニ、甲殻類などを好んで食べます。
茶褐色の縞模様と、背鰭の前端にある棘、丸みを帯びた吻などが特徴で日本近海の暖海域にのみ生息します。背鰭は2基で、いずれにも前端に鋭い棘を備える。
これは攻撃用というより防御用で、とくに幼少期に大型魚の捕食から逃れるのに役立っている。
歯はネコザメの大きな特徴であり、ほとんどの歯が癒合(ゆごう)して巨大な臼歯状の歯を形成している。
これでサザエなどの硬い殻を噛み砕くのである。
日中は海藻や岩の陰に隠れ、夜間に餌を求めて動き回る夜行性である。
泳ぐのはあまり速くなく、地を這うようにして移動する。
卵生で比較的大きな卵を1回に5,6個づつ産み落とします。
卵は螺旋状のひだのようなものが取り巻き知らない人が見ると海藻の塊に見られやすいです。
子どもは卵の中で20ー30cm の大きさまで成長し、殻を破って外に出てきます。
歯が完全に生え揃わないと殻からはでてこないので春先、卵の中で動く子供に良く逢います。
一度巨大なサザエをくわえて泳いでいたので後を追いかけると、砂地でバリバリッと食べるシーンに遭遇する事が出来ました。
間違ってもあの歯で噛まれたくはないとその時思いました。
ダイビングスクール中にも運がよければ見られるでしょう。
更に体験ダイビングやスノーケリングでも観察できればもっと沢山の人たちに見てもらうことができるのですが、それはダイビングライセンス(Cカード)を取得してからの楽しみという事になるでしょうね。
いつも感心しますが伊豆海洋公園の海は春 夏 秋 冬 飽きのこないポイントです。
IOPのお魚たち 春・ウミウシの季節に始まり夏から秋の生物 冬の生物 深場の生物 甲殻類たち 美しい巻貝の仲間 会えたらウレシイ 生物などなどあげればきりがないです。